研修について

研修委員長から一言

 

竹内一仁写真

研修期間は、医師としてのスタートを切る非常に重要な時といえます。現在の日本の卒前教育では、国家試験の直後には頭の中に医学知識がぎっしり詰まっていますが、たとえ風邪のようなCommon Diseaseであっても、患者様をどのように診察し、どういう処方をすればいいのか全くわからないまま、医師の免許を持つことになります。従って2年間の初期研修期間が将来どのような医師として成長していくかを左右することになり、とても大切な期間になります。

青森民医連基礎研修の主な特徴点

 

青森民医連初期研修の主な特徴点は、

  • プライマリケアを担える総合的な力量をもった医師づくり
  • 患者を全人的に診る能力を身に付ける、すなわち病気を生活と労働の場からとらえる視点を持つこと

を目標としていることです。 更に青森の地域性からは、

  • 高齢者をきちんと診ることができる
  • 基本的な救急対応ができる
  • 地域医療(地域の健康作りや福祉との連携も含む)を視野に入れることができる

医療を実践する医師が求められており、そのような医師の養成を目標にしています。

 

基礎研修期間中に行われる中で重要な事は以下のとおりです

 

まず行われるべき事は、

  • 良好な医師―患者関係を構築するためのコミュニケーション技法の修得
  • 全ての臨床医に必要な基本的身体診察法の修得
  • 採血など基本的な手技の修得

があげられます。

2年間継続して、

  • 臨床における問題解決能力を身に付ける、医療倫理ならびにEBM(Evidence-based Medicine)を重視する診療姿勢を身に付ける
  • 自ら継続して学んでいける姿勢を身に付ける

ことも重要です。

このために早期から外来研修、救急外来・当直研修を開始し、病棟では担当医として患者様を主体的にみていきます。青森民医連の全ての病院、診療所は生協組織であり、医療生協の活動にも参加して地域の健康作りも行っていきます。

研修期間中は人間としての成長も大事であり、それは自分1人の努力だけでは上手くいきません。そのためには、先輩医師や同僚、更に看護師などのスタッフ、患者様やその家族など多くの人の助けを借りることになります。

中でも同僚は、いろんな意味で励まされるものであり、青森民医連では初期研修医会があります。この中で研修医は、様々な悩みを持ち寄り、より良い方向へ解決していくように互いに努力していきます。

健生病院の臨床研修は、20年以上も継続して研修医を受け入れてきた実績と、病院として研修を成功させようという全職員の意識によって日々改善されてきています。是非一度見学にきて下さい。

申込・お問い合わせ先

お問い合わせはこちら

健生病院医師医学生課

〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1階

 

TEL/0172-34-5455
FAX/0172-34-5439

ページの上のほうへ