研修の特徴

総仕上げ的な診療所での実践

 

診療所研修

診療所での実践写真

地域の第一線医療機関の特徴でもある、common diseaseの中でも慢性疾患を中心とした豊富な症例が経験でき、プライマリケア研修の質を高めるとともに、医師としての自立を促す研修であると位置付けています。

また、医療だけでなく介護・福祉との連携や、地域住民との懇談会に参加して自分たちへの期待を肌で感じたり健康づくりの活動を行ったりしています。

診療所の副所長として、外来・往診・健康診断・会議等を担います。外来では慢性疾患の管理を中心としつつ、様々な急性期疾患の診断と初期対応を行います。
往診は、外来に通うことのできない患者様の健康管理を主としていますが、人生の最後を家で迎える方のサポート等も行います。
いずれも、地域の方やその家族の方と、深く、継続した関わりを持ちながら行っていく医療を学ぶ機会となります。

また、所長と相談しながらではありますが、副所長として、その診療所の医療のあり方に大きく責任を持った形での研修であり、周囲からの期待も大きい分、多くのことを学べるよい機会です。

 

研修医を支えるチーム医療の実践

医療は医師だけでなく数多くのスタッフに支えられて行われています。日常診療の中で、このスタッフ達と良好な関係を保つことは、極めて重要な研修の目的になります。

看護スタッフの他、事務職員、ケースワーカー、理学療法士など他職種が参加する症例検討会などを通じて、医師と他のスタッフが対等な関係で、また力を合わせて患者様に関わっていくことの大切さを学びます。「研修医を成長させる」視点で、研修の評価も医師だけでなくスタッフも交えて行っています。

また、医療生協ならではの生協組合員・患者様からのフィードバックや、弘前SP研究会の協力を得て医療面接のOSCEが行われており、全国的にも先駆的なことと自負しています。

研修医を支えるチーム医療の実践

  • 1.病院に比べてcommon diseaseが集中する
  • 2.診療所が小所帯なため、職場の全体像を把握しやすい
  • 3.慢性疾患、検診、在宅と生活背景や地域を捉えた医療活動をしやすい
  • 4.検査機器が少ないため、問診・身体診察法がより重要となる
  • 5.地域住民と触れ合う中で、保健予防活動の一端を担うことができる

診療所研修の実際

申込・お問い合わせ先

お問い合わせはこちら

健生病院医師医学生課

〒036-8203 青森県弘前市本町95 丸二ビル1階

 

TEL/0172-34-5455
FAX/0172-34-5439

ページの上のほうへ